/

西鉄「サイクルバス」4月から運行 自転車載せて観光へ

西日本鉄道は22日、4月から運行を開始する自転車を分解せずに車内に持ち込めるサイクルバス「CYCLE CARGO」(サイクルカーゴ)を公開した。既存の観光バスの前方の座席を取り払い、自転車を18台載せられるようにした。車内後方には乗客21人の座席を設けた。4月から団体観光ツアーで活用する。サイクリングに特化したバスの導入は九州では初めてという。

車内に持ち込んだ自転車はベルトなどで固定し運ぶ。4月に始まる日帰りツアーでは、福岡県の宗像市から直方市を自転車で巡る。博多駅から自転車と乗客を乗せて出発し、宗像市内で乗客と自転車を下ろす。直方市でサイクリングを終えたツアー客を再び乗せ博多駅に戻る。料金は1人1万円前後で通常の観光ツアーと同水準の価格帯だという。

自転車を観光に活用するサイクルツーリズムは近年人気を集め、九州では10月に国際レース「マイナビ ツール・ド・九州」が開催される。西鉄の林田浩一社長は「九州でサイクルツーリズムが盛り上がりを見せている。サイクリングという趣味をもった人向けに特化した移動手段の提供に貢献したい」と意気込みを話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません