/

滑走路に肉薄 「街」に変貌… 福岡空港、民営化の挑戦

LBSローカルビジネスサテライト

福岡空港が飛行機を乗り降りするだけの拠点から、観光やグルメ、スポーツなどを楽しむエンターテインメント性を備えた「街」のような拠点に変貌している。きっかけは2019年の民営化。西日本鉄道など地元企業が出資する運営会社が、屋根のないバスで滑走路近くまで接近するツアーを企画したり、飛行機を見ながらトレーニングができるジムを開設したりしている。福岡空港の新たな挑戦は、他の民営化空港にも参考になりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン