/

この記事は会員限定です

オンライン販売主力に 九州百貨店、コロナ下の中元商戦

[有料会員限定]

九州の百貨店で中元商戦が熱を帯びてきている。新型コロナウイルス下で2回目となる今年は、インターネットなどオンラインでの販売が加速している。中元商戦はコロナ前から、法人の贈答需要の落ち込みや顧客の高齢化で売り上げが減少傾向だった。各社はネットと親和性の高い若者の取り込みのほか、帰省を取りやめた親族向けに贈る地産品など、新たな需要開拓を目指す。

大丸福岡天神店(福岡市)は2020年は取りやめた中元特設...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り850文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン