/

霧島国際ホテル、閉館予定から一転 営業へ

20日に閉館予定だった霧島観光ホテルは、新たな運営会社が6月から営業することになった

ホテル運営のマイステイズ・ホテル・マネジメント(東京・港)は鹿児島県霧島市の「霧島国際ホテル」の運営を受託した。6月1日から営業を始める。同ホテルは新型コロナウイルス禍による利用者減少や施設の老朽化などから、運営会社は営業継続が難しいと判断し今月20日付で閉館する予定だった。ホテル名はそのまま引き継ぎ、営業開始後に改装する予定。

ホテルは1971年開業、鹿児島空港から車で30分の場所に立地し、客室数は165。大浴場や露天風呂などの温泉施設や宴会場、会議室などを備える。ダイワボウホールディングス傘下の繊維メーカー、大和紡績(大阪市)の子会社が運営していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン