北九州市、西部ガスと協定 CO2実質ゼロのLNG導入推進 - 日本経済新聞
/

北九州市、西部ガスと協定 CO2実質ゼロのLNG導入推進

北九州市は21日、西部ガス(福岡市)と脱炭素社会の実現をテーマにした連携協定を結んだと発表した。温暖化ガスの排出を実質的にゼロとする「カーボンニュートラルLNG(液化天然ガス)」の導入を推進する。水素と合成してメタンを生成する「メタネーション」技術の実証実験も検討する。

市庁内で記者会見した北橋健治市長は、市内企業が「脱炭素化を進めながら事業を継続するための強力な基盤になる」と述べた。市外からの企業誘致にも追い風になるとした。市と西部ガスはエネルギー利用が最適化されているか診断するサービスも計画する。

カーボンニュートラルLNGは、天然ガスの採掘から燃焼までにおける二酸化炭素(CO2)の総排出量を、森林保全などの取り組みを通じたCO2削減で得たクレジットで相殺して排出量を実質ゼロとみなしたものをいう。メタネーションはCO2を再利用して環境負荷を低減する技術として実用化が期待されている。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません