/

この記事は会員限定です

20年九州・沖縄の休廃業・解散3年ぶり減少

[有料会員限定]

帝国データバンク福岡支店は21日、2020年に九州・沖縄で休廃業・解散した企業が19年比3.9%減の5154件だったと発表した。政府の資金繰り支援などが奏功し、3年ぶりに減少した。一方、新型コロナウイルス禍に伴う先行き不透明感から、黒字でも自主廃業する企業が増えている。

休廃業・解散した企業の直近決算の純利益は、全体の63.2%が黒字で、前年比3.3ポイント高かった。社長の年齢が判明した企業では、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン