/

この記事は会員限定です

西九州新幹線で「素通りのまち」から変身 広域誘客へ

開業まで3カ月㊦

[有料会員限定]

西九州新幹線の9月開業を控え、観光などでの地域活性化の取り組みも熱を帯びている。佐賀県の嬉野市や武雄市は近隣の自治体と共同で観光資源を掘り起こし、アピールする。長崎県大村市は企業と連携して駅周辺を開発し、「素通りのまち」からの変身を狙う。地域や企業が協力することで訴求力を高め、広域からの集客を目指す。

嬉野市と武雄市、佐賀県有田町はJR大阪駅前で、西九州新幹線のPRイベントを4月に開いた。嬉野茶...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン