/

この記事は会員限定です

西鉄社長に林田氏、コロナ下 ITテコに再建急ぐ

[有料会員限定]

西日本鉄道は21日、林田浩一取締役(55)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。倉富純男社長(67)は代表権のある会長に就き、竹島和幸会長(72)は相談役に退く。新型コロナウイルス禍で業績が悪化するなか、デジタル戦略などを担ってきた林田氏はIT(情報技術)を活用した業務効率化などに取り組み、V字回復を目指す。

「苦難の時こそ若い力が必要だ。パワー、決断力、実行力、あらゆる面から最もふさわしい人材だ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン