/

佐賀銀行、女性行員の制服廃止 23年4月から

佐賀銀行は21日、女性行員の制服を2023年4月1日から廃止すると発表した。対象はパートを含む約870人。廃止に伴い、本部勤務の行員にはビジネスにふさわしい範囲内でのカジュアルな服装「ビジネスカジュアル」の着用を認める。営業店勤務の行員はビジネススーツの着用に統一する。多様性が重視されていることに対応する。

22年4月1日からの1年間を移行期間とし、制服以外も認める。同日記者会見した坂井秀明頭取は「服装を自ら考えることで自主性を高め、イノベーションが起こるような環境づくりを目指す」と説明した。

同行は16年に創立60周年記念事業の一環として女性行員の制服を導入した。九州の地銀では佐賀共栄銀行が4月に女性行員の制服を廃止している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン