/

この記事は会員限定です

横井九州農政局長「スマート化・輸出で稼げる農業を」

九州・沖縄 展望2021 横井績・九州農政局長

[有料会員限定]

――九州の農業の現状をどうみていますか。

「九州の農業産出額は2018年で約1兆8000億円と、全国の2割を占める食料供給基地だ。収益性の高い畜産やお茶、イチゴなどは全国シェアが3割を超える。コメの栽培から稼げる品目への転換が進んでいるのが特徴だ」

「課題もある。20年の農林業センサスでは九州の農業従事者が5年で23%減少し、高齢化も進んでいる」

――IT(情報技術)などを使った「スマート農業」は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り630文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン