/

この記事は会員限定です

エクモ、県越え利用 九州・沖縄と山口連携

[有料会員限定]

九州7県と沖縄、山口各県は、新型コロナウイルスで呼吸不全になるなど重症者治療に使われる体外式膜型人工肺(ECMO=エクモ)を県をまたいで利用できるように、医療機関を支援する体制を築いた。福岡県に広域調整本部を設置し、エクモが必要な重症患者を他県の病院で受け入れたり、専門チームを派遣したりする。これまで医療機関同士で調整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン