/

この記事は会員限定です

小石原(福岡県東峰村) 海外でも称賛、焼き物の里

九州みちくさ帳

[有料会員限定]

小石原は福岡県東峰村の高原地帯に位置する。小石原焼が有名で、約50軒の窯元がある。

1660年代に高取焼の三代目が小石原地区の中野(皿山)で質の高い陶土を発見し、開窯した。その後、筑前福岡藩主の黒田光之が招いた伊万里の陶工と交流することで、今の小石原焼の原型ができた。

1926年、日本民芸美術館設立趣意書の発刊で開始された民芸運動を主導した思想家の柳宗悦や、陶芸家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン