/

この記事は会員限定です

長崎知事に大石氏、コロナ「きめ細かく対策」

[有料会員限定]

20日投開票の長崎県知事選で医師で新人の大石賢吾氏(39)が初当選した。一夜明けた21日、長崎市内で報道陣の取材に応じた大石氏は、新型コロナウイルス対策で医師としての知見を踏まえ「地域の状況に応じたよりきめ細かい対策を講じる」と述べた。

大石氏は選挙で「世代交代」を強調。医療系団体の支援や草の根活動を支えに都市部や出身地の長崎県五島市などで支持を広げた。「長崎県をよくしていくため、どうすれば効率...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り331文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン