/

この記事は会員限定です

水素製造、環境に優しく 福岡市の中部水処理センター

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

福岡市の中部水処理センターは、下水処理時に出る汚泥から水素を製造する。施設内には燃料電池車(FCV)に水素を充填する水素ステーションもあり、1日に65台分を供給できる。水素は二酸化炭素など温暖化ガスを排出しない「究極のエコエネルギー」として注目される。市は活用方法を広げ、環境に優しい街づくりにつなげる。

水処理センターでは下水を海や川などに放流できるくらいまできれいに処理するほか、トイレの洗浄用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン