/

西鉄、再エネ開発に参入 自然電力と新会社

西日本鉄道は20日、再生可能エネルギー分野に進出すると発表した。再生エネ開発を手掛ける自然電力(福岡市)と合同会社「西鉄自然電力」を立ち上げた。西鉄グループが保有する施設に太陽光発電を取り入れ、電動バスなどへの電力供給もする。九州の企業や自治体に働きかけ、倉庫や耕作放棄地を使った電源の開発も手掛ける。

現時点では電力小売りには参入せず、2025年度までに再生エネで30メガワット規模の開発を目指す。福岡市で記者会見した西鉄の林田浩一社長は「導入を予定する電動バスへの電力供給とともに、交通・物流事業者や、自治体が保有する電気自動車(EV)への供給も視野に入れたい」と説明した。

新会社の資本金は1000万円で、両社が各50%を出資した。まずは23年末までに6.5メガワットの発電所を開発する。西鉄グループが保有する博多国際展示場&カンファレンスセンター(福岡市)など3施設に太陽光発電を導入する。西鉄の地域ネットワークを使い、社外でも電源の開発を手掛ける。主に自家消費が見込める施設を対象に、太陽光発電の導入を働きかける。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません