/

この記事は会員限定です

ウラノ、航空機部品の新工場 長崎で地場企業と連携

[有料会員限定]

長崎県に拠点を置くメーカーや地場企業が連携し、航空機部品の受注拡大を目指す動きが出てきた。金属加工のウラノ(埼玉県上里町)は長崎県で今月から新工場を稼働し、次世代エンジン部品の加工・組み立てを開始。地場企業と連携して新たな部品受注にも乗り出した。新型コロナウイルス禍後の需要回復を見据え、航空機産業クラスター(集積地)の形成を目指す。

ウラノは航空機メーカーの2次取引先(ティア2)としてエンジン部...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン