/

西日本6経済連合会、地方の成長産業創出など決議

関西や中部、九州など西日本の6経済連合会で構成する西日本経済協議会は20日、熊本市で総会を開き、地方における成長産業の創出や国土強靱(きょうじん)化に向けた社会基盤整備の必要性などを決議した。同協議会は11月、政府に決議を伝えることにしている。

決議はほかに、新型コロナウイルス対策として医療体制の強化と社会経済活動の回復、カーボンニュートラル実現への取り組みの推進、地方創生と分散・分権型の国づくりなども盛り込んだ。

総会後、記者会見した九州経済連合会の倉富純男会長は「熊本に集まりリアルで会議ができたのは意義があった。地域の課題は各連合会が対応するが、できないところは国にしっかりお願いしていきたい」などと述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン