/

筑邦銀行、一部店舗で昼休み コロナ再拡大で

筑邦銀行は20日、2月から福岡県内などにある20店舗に1時間の昼休みを導入すると発表した。新型コロナウイルスの感染再拡大を受けた措置で、事態が収束するまで継続する。対象の店舗では午前11時半から1時間、窓口での業務を休む。店内ATMは昼休み時間でも通常通り運用する。

対象となるのは、博多支店(福岡市博多区)や北九州支店(北九州市)、東京支店(東京・中央)など。顧客の来店数などを調べた上で、事業の継続に支障がない店舗を選んだ。本店営業部(福岡県久留米市)など地域の中核となる店舗は外した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン