/

この記事は会員限定です

九州電力の上寺いちご園 スマート農業のモデル構築へ

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

九州電力は2019年から、福岡県朝倉市の「上寺いちご園」でスマート農業の事業化に取り組んでいる。あらゆるものがネットにつながるIoTを取り入れ、イチゴの収量増や早期栽培につながる技術を実証実験している。22年度は需要期前の10月に収穫し、付加価値を付けて販売できるかを探る。スマート農業のモデルを構築してその技術を外販するなど、新たな事業の確立を目指す。

九電は1次産業の電化を目指す中で、農業と長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン