/

この記事は会員限定です

JR九州・肥薩線復旧へ国支援 赤字路線、豪雨リスク重く

[有料会員限定]

2020年7月の九州豪雨で被災したJR肥薩線の復旧を巡り、国が橋梁工事などを公共事業で肩代わりしてJR九州の負担を大幅に軽減する案が20日、示された。山間部を走る九州のローカル線は毎年のように豪雨災害リスクにさらされ、その多くが不採算となっている。復旧のあり方を巡り、国や地元自治体との議論の行方に注目が集まる。

肥薩線は八代駅(熊本県八代市)と隼人駅(鹿児島県霧島市)を結ぶ約124キロメートルの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り873文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン