/

ゼンリン、MaaSで日立と協業 長崎で観光支援

ゼンリンは20日、日立製作所と次世代移動サービス「MaaS(マース)」の実証実験で協業すると発表した。ゼンリンが2021年秋ごろに長崎市で予定する観光支援の取り組みに、日立がキャッシュレス決済機能などを提供する。観光ルートの検索や、観光施設のチケット購入、決済をスマートフォンのアプリ上で手軽にできるようにする。

ゼンリン本社(北九州市)

ゼンリンが観光型MaaS向けに開発するデジタル地図に、日立の決済や顧客管理のシステムを組み合わせる。実証実験の利用者に共通IDを付与して長崎の観光施設と商業地の移動ルートをゼンリンなどが把握したり、利用者が複数の決済手段を使えたりする。ゼンリンは、夜景で人気の稲佐山が東京タワーと同じ高さ333メートルであるといった情報を盛り込む。

日立はゼンリンと組み、実証実験で得られたデータを基に「地方創生」につながるプラットフォームの構築を目指す。今後、季節の繁閑などに合わせて観光施設や飲食店が料金を変更する「ダイナミックプライシング」の導入支援などを検討する。

ゼンリンは20年、長崎市に研究開発拠点を開設した。人工知能(AI)を活用した地図データ作成を研究する傍ら、地元自治体と観光振興に取り組んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン