/

ゼンリン、カーナビ進化へ実証実験 横浜ゴムなどと

ゼンリンは19日、カーナビゲーションシステムの進化などを目的に、横浜ゴムアルプスアルパインと共同で実証実験をすると発表した。横浜ゴムとアルプスアルパインが共同開発する、路面の状態を検知できるセンサーがついた次世代タイヤを装着した車を走らせ、道路状況に応じた安全な車両誘導機能の開発を検討する。

凍結や陥没といった路面の変化を迅速に把握して運転手に注意喚起したり、タイヤの空気圧不足を検知した際に急カーブの道路を避けるルートを案内したりする機能などを想定する。路面から得られるデータと、車の位置情報データを収集、分析することで、自動運転時代の到来をにらんだ新サービスの可能性も探る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン