/

福岡市、深夜~早朝もワクチン接種 24時間体制整う

福岡市は20日、新型コロナウイルスのワクチン接種を深夜から翌朝まで受けることができる会場を市内に開設した。24時間接種できる環境を整え、仕事などで日中に接種できない人に対応した。初日に接種を受けに来た男性は「仕事を休まずに接種できるのでありがたい」と話していた。

福岡市は深夜でもワクチンを接種できる会場を開いた

接種会場は、福岡市博多区の福岡市民病院1階に設けた。開設時間は午後10時から翌日午前8時までで、市内の集団接種会場や個別接種をするクリニックと合わせて市内で24時間接種できる体制が整った。ワクチンは米ファイザー製。予約は専用サイトで受け付ける。打ち手は医者1人で、1日あたり約100人の接種枠がある。病院は夜間の救急病棟を併設し、接種後に万が一体調が悪化した場合でもすぐに対応できる。

接種を受けに来た福岡市東区の月俣律雄さんは「平日は朝から夕方まで忙しいので、深夜接種は仕事に支障が出ないので助かる」と話した。同会場の予約枠は7月分までしか設けていないが、市は8月以降も継続を検討するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン