/

この記事は会員限定です

日産九州、国内向け次期「エクストレイル」21年秋にも生産

[有料会員限定]

日産自動車九州(福岡県苅田町)は2021年秋にも国内向けの次期SUV(多目的スポーツ車)「エクストレイル」の生産を始める。エクストレイルは海外向けの兄弟車種を含めると月産最大2万台規模が見込まれ、九州最多の量産車になる。新型コロナウイルス禍もあり、当初の計画より1年以上遅れるが、地場部品メーカーの期待は大きい。新車投入効果でコロナ禍による減産分を取り戻す狙いだ。

日産九州の冨山隆社長が日本経済新聞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1103文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン