/

福岡商議所が福岡市に提言 中小へのDX支援など

福岡商工会議所は福岡市政に対する提言を、高島宗一郎市長に提出した。新型コロナウイルス禍からの回復は業種によってばらつきが大きく、飲食や宿泊関連の事業者への支援の継続・拡充が必要だと指摘。コロナ後も見据えて中小事業者の経営力を強化するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進支援などを求めた。

福岡商議所の谷川浩道会頭(西日本シティ銀行会長)はコロナ対策や再開発促進などに関して「地元業者に恩恵が及ぶよう、配慮していただきたい」と要望した

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン