/

久原本家、ANA国内線で野菜スープ提供

久原本家は3月からANA国内線で野菜スープを提供する

「茅乃舎」ブランドで和風調味料を展開する久原本家グループ(福岡県久山町)は、3月1日から全日本空輸(ANA)の国内線プレミアムクラスで野菜スープを無料で提供する。羽田空港発の国内線全路線の朝食サービスとして利用できる。

提供するのはANAと共同開発したオリジナル「茅乃舎野菜スープ」。出汁には国産のタマネギやセロリなどの野菜のみを使用して動物性の素材を使っていない。具材は10日ごとに変わる。展開時期は5月31日まで。ANAは2016年3月から国際線の機内食で、エコノミークラス向け飲料の1つとして同じ野菜スープの提供を始めた。「外国の方にも人気があった」(担当者)という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン