/

この記事は会員限定です

「本屋という仕事」を読む 多様な本屋のあり方を編む

アプローチ九州

[有料会員限定]

本書は「本屋とは読者と本との縁をつなぐ場所」と考える書店勤務の三砂慶明氏が、書店関係者のエッセーと座談で本屋の〈現在〉について、多様な可能性を紡ぎだそうとした試みといえる。

「仕事」とあるが、技術的なマニュアル本ではない。もちろんこれから本屋に勤めようとか、本屋を始めようと思う人間にとっては無益ではない。本の仕入れのセンスや棚の編集の仕方から接客まで、名うてのプロフェッショナルが本屋の醍醐味を教...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り663文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン