/

福岡知事選に元共産市議 無所属出馬、選挙戦へ

元共産党福岡市議の星野美恵子氏(70)は18日、福岡県の小川洋知事の辞職に伴う知事選(25日告示、4月11日投開票)に無所属で立候補すると表明した。出馬表明は副知事の服部誠太郎氏(66)に次いで2人目。選挙戦となることが確実となった。

星野氏は福岡市で記者会見し、新型コロナウイルス対策に注力するとして「命と暮らしを守りたい」と述べた。ジェンダー平等にも取り組むとした。県内の女性らでつくる市民団体が出馬を要請していた。今後、共産党に支援を求める。

星野氏は福岡市出身。労働組合の専従職員を経て、福岡市議を7期務めた。

知事選を巡っては、社民党が17日に服部氏推薦を決定。自民、立憲民主両党との相乗りとなっている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン