/

この記事は会員限定です

世界が頼る氷のエキスパート アイスマンの製氷機工場

九州・沖縄 拠点を探る

[有料会員限定]

鮮魚の輸送や人工スキー場などで欠かせない大量の氷。福岡県久留米市にあるアイスマンは産業向けの大型製氷機で世界の先頭を走る。大きいものでは100トンを超える大量の氷を貯蔵することも可能だ。輸出先は約40カ国。氷のエキスパートとして世界の企業から頼られる存在だ。

久留米市内の工業団地。約1万平方メートルの敷地に3棟の工場が建つ。一番大きな建屋に入ると、組み立て途中の製氷機がずらりと並ぶ。生産するのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り908文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン