/

この記事は会員限定です

嬉野温泉・大村屋の北川社長「消費されない観光地に」

九州・沖縄 展望2021 北川健太・大村屋社長

[有料会員限定]

――2020年はどのような1年でしたか。

「20年1月からインバウンド(訪日外国人)を中心に新型コロナウイルスの影響が出て、7月までの旅館の収入は前年同期比70~80%減だった。『Go To トラベル』事業で近県の観光客が戻り、10~12月は50%以上増加した。ジェットコースターのような1年だった」

――Go Toの一時停止期間が延長されます。

「次の一手を考えなければならない。ガイド本を見て、現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン