/

QTnet、NTT西の光回線使いネット接続サービス

九州電力の通信子会社、QTnet(福岡市)は18日、NTT西日本の光回線を使ったインターネット接続サービス「きゅうでん光」の提供を始めた。独自の光回線を使った「BBIQ」は九州の都市部を中心に展開してきたが、NTT西の回線を使うことで提供エリアを九州のほぼ全域に広げる。BBIQで提供してきた九州電力の電気とのセット割引も付け、グループでのシェア拡大につなげる。

きゅうでん光の通常料金は戸建て住宅の場合で月5200円。九電の「ご家庭向け電気料金プラン」をセット契約すると4900円になる。従来のBBIQは3年契約での割引と九電の電気料金割引を併用すると4700円。きゅうでん光はこれに比べ200円高いが、提供エリアの広さを生かし、契約につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン