/

この記事は会員限定です

熊本空港、新ターミナルが着工  23年春開業予定

[有料会員限定]

熊本空港を運営する熊本国際空港(熊本県益城町)は、国内線と国際線を一つにした新たなターミナルビルの建設工事に着手した。2023年春の開業を予定している。同空港も大きな被害を受けた16年の熊本地震からの復興のシンボルとして地域活性化と交流人口の拡大をめざす。

新ターミナルビルの投資額は183億円。15日に起工式を実施した。地上4階、延べ床面積3万7500平方㍍...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン