/

JR九州、鹿児島中央駅西口で複合ビル着工式

JR九州は18日、JR鹿児島中央駅(鹿児島市)西口地区で複合ビルの着工式を開いた。JR九州の社有地にオフィスや商業施設、駐車場で構成する複合ビルを建設し、2023年春に開業する予定。

JR九州の青柳俊彦社長や塩田康一鹿児島県知事、下鶴隆央鹿児島市長らが参加した。青柳社長は「1フロア1980平方メートルと広く、鹿児島最大級のオフィスビルとなる。駅周辺だけでなく、天文館など街中にもにぎわいを広げたい」と話した。

複合ビルは敷地面積約6400平方メートルで地上11階建て、4~10階が賃貸オフィス、1~3階に商業施設が入る予定。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン