/

この記事は会員限定です

熊本県、コロナ時短協力金で補正133億円専決処分

[有料会員限定]

熊本県の蒲島郁夫知事は、新型コロナウイルスの急速な感染拡大に伴う県独自の緊急事態宣言で、県の営業時間短縮の要請に応じた飲食店への協力金に133億円を充てる一般会計補正予算を専決処分した。補正後の総額は1兆1012億円となった。

同県は14日から県独自の緊急事態宣言を発令したが、県内全域の飲食店には18日から営業時間を午後8...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン