/

長崎県、「まん延防止」を要請 長崎・佐世保市が対象

(更新)

長崎県は18日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請した。対象区域は長崎市と佐世保市とする。両市は足元の県内全体の感染者数のうち65%を占めている。飲食店に酒類提供の停止や営業時間短縮を求めるなど、行動制限の強化で感染抑制を図る。

夜8時までの時短営業と、終日の種類提供停止を求める。要請に応じた飲食店には協力金を支給する。支給条件は感染防止対策の認証店と、非認証店を同一内容とする。

中村法道知事は要請理由について「(感染拡大)第5波に比べ入院患者の増加が2倍の速度になっている。一般医療を含めた医療機能を維持するため、できるだけ早く感染拡大をとめなければならない」と述べた。

県内では17日、172人の感染が新たに確認され、5日連続で100人を上回った。2週間前の同じ曜日である3日の感染者数は1人で、1月に入り感染が急拡大している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン