/

この記事は会員限定です

外国人実習生の乳児遺棄  根強い「妊娠で解雇」の誤解

[有料会員限定]

外国人技能実習生が出産した我が子を遺棄する事件が相次ぐ。共通するのは「妊娠すれば帰国させられる」という誤解。出産などを理由にした解雇を禁じる日本の労働法が自身に適用されることを知らないケースが多く、安全網が実習生にまで及んでいない。支援者らは今の苦境に新型コロナウイルスが拍車をかけることを強く懸念している。

熊本県芦北町で2020年11月、寮の自室で産んだ双子の遺体を段ボール箱に放置したとして、母...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1171文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン