/

ウニの陸上養殖本格化 2カ月で中身ぎっしり

LBSローカルビジネスサテライト

日本各地の沿岸部で、ウニが海底の海藻類を食べ尽くし、魚がいなくなる「磯焼け」が問題になっている。大分県国東半島で、この「厄介者」のウニを捕獲して陸上で育て、新たな特産ブランドにしようとする取り組みが始まっている。ウニは餌不足のため中身がスカスカで、そのままでは食品として商品にならない。そこで、大分うにファーム(同県国東市)の栗林正秀社長は養殖工場を4月に建設し、捕獲したウニを水槽で飼育。好物の昆布の端材を与えて身を太らせ、1年を通して安定した品質のウニを料理店などに出荷できるようにした。

《読者アンケート》LBSでは12月28日(火)まで抽選で30名様にオリジナルクオカード1000円分が当たる動画視聴者アンケートを実施しています。応募には日経ID(登録無料)が必要です。皆さまのご参加をお待ちしております。 回答はこちらから
アクセスできない方は以下のURLにアクセスしてください。
https://esf.nikkei.co.jp/lbs2021pre/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日本経済新聞とTXN系列5局(テレビ大阪、テレビ愛知、TVQ九州放送、テレビ北海道、テレビせとうち)による動画コンテンツ「LBSローカルビジネスサテライト」。躍動する地域経済と地方企業の取れたてニュース・トレンドを各地のリレー方式で発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン