/

この記事は会員限定です

「伝統一新」有田焼を海外へ 百田陶園、販売数3倍に

地域発世界へ 佐賀県

[有料会員限定]

陶磁器商社の百田陶園(佐賀県有田町)が、有田焼の海外販売で奮闘している。国内外の気鋭のデザイナーと組み、伝統の型を一新させたモダンな器を製造。欧州やアジアでファンを着実に増やし、生産体制の増強にも動き出した。

「私たちは10年で、地道にプロモーションを続けることが実績につながると学んだ」。百田陶園の百田憲由社長は独自ブランド「1616/arita japan」の歴史を振り返る。2012年に立ち上げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン