/

この記事は会員限定です

福岡・天神の小売店賃料下落 空室埋めるため下げ相次ぐ

[有料会員限定]

九州・沖縄を代表する繁華街である福岡市・天神で、アパレルや雑貨などの小売店が入るテナントの賃料が下落している。民間の調査によると、2021年7~9月に成約した賃料の平均は20年4~6月に比べ約2割下落した。新型コロナウイルスの影響が長引き高い賃料が払えず空室になり、新たなテナントを誘致しようとビルオーナーが賃料を下げていることがある。

多くの人が行き交う目抜き通りの「天神西通り」。その通り沿いの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン