/

この記事は会員限定です

沖縄観光「ハワイ級」の集客力 コロナで収益向上急務

沖縄復帰50年 データで読む半世紀(2)

[有料会員限定]

沖縄の観光業は本土復帰後の経済発展を支え、2019年には年間観光客数が1000万人を突破した。集客力では米ハワイに肩を並べた格好だが、新型コロナウイルスの感染拡大で観光客は急減。「稼ぐ力」の弱さといった課題も改めて表面化し、沖縄観光は構造改革を迫られている。

「観光のフロントランナーである沖縄から日本の観光を変えたい」。元日銀那覇支店長で、旅行会社ロングステイネットワーク(那覇市)を立ち上げた大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

沖縄復帰50年

1972年の沖縄の本土復帰から半世紀。基地問題や観光振興など、これまでの歩みと未来への取り組みを伝えます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン