/

この記事は会員限定です

宮崎知事、鳥インフル「最大限の警戒」呼びかけ

[有料会員限定]

宮崎県の河野俊嗣知事は17日の記者会見で、県内で鳥インフルエンザが相次いで発生していることに関し、感染の原因とされる渡り鳥の飛来が今後本格化することから、養鶏農家に対して「発生リスクは高い。最大限の警戒が必要だ」と訴えた。その上で、発生した場合は「初動の防疫が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り127文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン