/

この記事は会員限定です

奄美の古民家を宿に 建築家の山下氏、踊りや島唄で交流

興すパーソン

[有料会員限定]

空き家となった古民家を宿泊施設として再生し、観光客と地元住民との交流を促す体験も提供する「伝泊」が奄美群島に根付き始めた。仕掛け人は奄美出身の建築家、山下保博さん。「集落にある伝統的な文化を残し、次の時代につなげたい」との思いから始めた活動は2020年にジャパン・ツーリズム・アワードで最優秀賞の国土交通大臣賞を受賞。観光を通じて地域社会の課題解決・価値向上を進めている事例に授与されるUNWTO(国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン