/

この記事は会員限定です

子育て「ほどよい田舎」で人気 宮崎・西都市、転入超に

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

九州・沖縄は人口減少傾向だが、30~40代の流入は続いている。2021年は長崎県を除く7県で転入者が転出者を上回る「転入超過」となった。豊かな自然や手厚い育児支援を求め、首都圏などからの移住が相次ぐ。自治体の誘致策に加え、今後は定住してもらえるよう物心両面での支援が人口減に歯止めをかけるためのカギになりそうだ。

九州・沖縄の市町村別転入超過率で3位に入った沖縄県東村は4.3%、15人の転入超とな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン