/

沖縄本島、公道での聖火リレー見送り

沖縄県の玉城デニー知事は16日、県内で5月1~2日に予定する東京五輪聖火リレーについて、沖縄本島では式典会場2カ所に集約して無観客で実施すると明らかにした。観客の密集を避けるため公道での走行は見送った。離島では予定通り公道で実施する。

県や実施予定だった14市町村などでつくる実行委員会が大会組織委員会に伝え、了承を得た。県内では5月5日まで新型コロナの緊急事態宣言に準じた措置が取れる「まん延防止等重点措置」が那覇市など本島9市に適用されている。

記者会見する沖縄県の玉城知事(16日、県庁)

本島の会場は名護市民会館と糸満市の平和祈念公園の2カ所とする。公道を走る宮古島、石垣、座間味の離島3市村では、本島や県外からの渡航者による観覧自粛を呼びかける。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン