/

この記事は会員限定です

ため池決壊の予兆観測、宇宙から誤差1ミリ QPS研など

[有料会員限定]

九州大学発ベンチャーのQPS研究所(福岡市)はスカパーJSAT、ゼンリンなどと共同で、衛星データを活用してため池の堤体(堤防)などをモニタリングする実証実験をした。天候に左右されず地表の観測・分析が可能なことを生かし、豪雨でも堤防決壊などの予兆を把握でき避難や対策に役立てられるようにする。QPSは衛星データを防災などに生かすことを目指す。

QPSの衛星が搭載する合成開口レーダー(SAR)はアンテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン