/

九州電力、EVシェアを全国展開 25年に100台めざす

九州電力は16日、九州と首都圏で展開している電気自動車(EV)のシェアリングサービス「weev(ウィーブ)」の提供エリアを20日から全国に拡大すると発表した。米テスラの主力車「モデル3」と日産自動車の「リーフ」の2車種で始め、車種は順次増やす。2025年時点で100台程度の提供体制を目指すとしている。

サービスを導入したマンションの入居者だけが利用できる。登録料や月額料金は不要で、15分220円(7月からは330円)の時間料金と1キロメートルあたり5.5円(同15円)の距離料金がかかる仕組みだ。入居者はスマートフォンに専用アプリをダウンロードして会員登録すれば、いつでも予約・利用が可能。車両のドアロック操作などもスマホで行える。

九電はウィーブを20年12月に九州と首都圏で開始。全国への車両配備に向けて出張自動車整備・修理サービスを手掛けるSeibii(セイビー、東京・港)と業務提携した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン