/

福岡県、宿泊療養でも「抗体カクテル療法」

福岡県と同県医師会は16日、新型コロナウイルスの新しい治療薬「抗体カクテル療法」を県内の宿泊療養施設で同日、使用を始めたと発表した。同薬は軽症や中等症患者に発症後数日で投与すれば重症化を防ぐ効果があるとされるが、これまで病院の入院患者に使用が限られていた。感染者数が急増するなか、医療体制への負荷の低減を目指す。

県が宿泊療養施設として使っている「博多グリーンホテル2号館」(福岡市博多区)で、重症化しやすい50歳以上や基礎疾患のある患者の希望者を対象に始めた。投与後に患者の体調が悪化した場合に備え、医師が経過観察をする。16日は2人が投与を受けた。効果や副作用を検証し、県内の他の9カ所の宿泊療養施設の患者でも使用を検討する。

抗体カクテル療法は2種類の抗体を同時に点滴投与する新しい治療薬で、海外の臨床試験では入院や死亡のリスクを7割減らす効果が示されているという。国はこれまで対象を入院患者に限ってきたが、厚生労働省が13日に宿泊療養施設などでも使えるよう地方自治体向けの通知を改正した。

県によると、全国では東京都に次いで2番目となる。記者会見した服部誠太郎知事は「中等症患者が急増している。症状からの早期回復や重症者用の病床逼迫の回避を目指す」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン