/

この記事は会員限定です

福岡市は公民館複合化 効率化へ散らばる庁舎集約の市も

データで読む地域再生 九州・沖縄編

[有料会員限定]

公共施設を集約して保有面積を減らす動きは、九州・沖縄でも活発だ。福岡市では公民館を複合化して高齢者の交流施設と一体化し、佐賀県嬉野市は2カ所に散らばる市庁舎の集約に向けて住民への説明を進める。人口減少が進むなか施設を計画的・効率的に維持管理し、財政負担の軽減につなげようと各自治体は知恵を絞る。

福岡県では2016年度から19年度にかけ、36.6%の自治体が公共施設の統廃合などで保有面積を減らした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1177文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン