/

この記事は会員限定です

「薬院駅」(福岡市中央区) かつては鉄道が平面交差

九州みちくさ帳

[有料会員限定]

高校生の頃はまだ、西鉄福岡市内線(通称市内電車)が走っていた。

姪の浜電停から城南線を経由して博多駅まで、毎日通学していた。始発から乗車するから座っていける。

途中の西新で、天神方面へと向かう貫線と分かれて、右斜めの城南線へと入っていく。

朝早いこともあって、電車の揺れにだんだんと瞼(まぶた)が重くなっていく。やがて尻の下から突き上げるような激...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン