/

この記事は会員限定です

脱炭素へ地方発の施策続々 新エネ育成や税優遇

脱炭素 地域の挑戦㊤

[有料会員限定]

2050年に温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする国の目標に合わせ、地方自治体が「脱炭素」の取り組みを加速させている。多くの地域で22年度から再生可能エネルギー普及や関連産業の育成、税優遇などの施策が本格化する。脱炭素の実効性を高めるのに不可欠とされる企業や研究機関などとの連携も動き出している。

北九州市北部の若松区では現在、海上に風力発電設備を設置する専用船が停泊できる基地港湾の建設が進められてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン